2016年07月03日

納豆とひきわり納豆

毎日のように納豆を食べています。

納豆はよーくまぜるとネバネバしてそのネバネバが体に良いような気もしていますが、私はあまり混ぜすぎが好きではないのであまり混ぜません。
混ぜなくても栄養面では影響ないようです。

発酵食品なので賞味期限が少し過ぎた場合でも気にせず食べています。
ただ、冷蔵庫の外にしばらく出しておいた納豆や混ぜてから冷蔵庫に入れておいた納豆はにおいが強くなる気がします。ちょっと臭いや粘り気がおかしい場合は食べない方がいいですね。

油揚げに納豆を挟んで焼いておつまみにするという人も結構多いですね!
温めることで納豆のにおいは一段と強くなりますが、それもまたいいのでしょう。


丸い大豆の姿のまま発酵した納豆が一般的ですが、ひきわり納豆も売られています。

ひきわり納豆は大豆が細かく割られた状態になった納豆です。

お寿司屋さんで「納豆巻き」といったら、ご飯の中にひきわり納豆が入って出てきます。

発酵してから割ったわけではなく、発酵する前にすでに割っていることから栄養面でも差が出ます。
どちらもよい面があり、また、好みもあるのでどちらがいいとは言えません。

ひきわり納豆の方がにおいも強くなくて食べやすい気がしますね。
posted by メープル at 16:18| Comment(0) | 日記