2017年06月08日

体調不良で離乳食が逆戻り

子どもが激しい咳をするようになり小児科へ連れて行くとRSウィルスと判明しました。

RSウィルスは2歳までにほぼ100%近くの子供が感染するというウィルスで、初感染で特に生後半年未満は重くなりやすく、2歳くらいだと鼻風邪程度になるそうです。


このウィルスに感染したうちの子は咳き込んで食べたものを吐いてしまいます。
小さく切ったにんじんなどの野菜も食べれるようになっていて、赤ちゃんおせんべいもバリバリ食べていましたが、このウィルスを発症してから今まで食べていたものが食べれなくなりました。

おかゆをさらにすりつぶしたものやバナナが食事の大半です。
遅れていた離乳食がさらに遅くなってしまいました。
posted by メープル at 18:38| Comment(0) | 離乳食

2017年05月15日

燃えないように気を付ける

火事に敏感な夫が調味料ストッカー(砂糖、塩をいれているもの)をガスコンロから50センチ位離れたところに置いておいたら、「燃えるものを置くな」と注意されました。

そのストッカーは全体がプラスチックでできています。
ストッカーを置く場所が他にないのでどうしてもそこへ置きたいんです。

そしたら、ストッカーが燃えにくい素材の物なら置いても良いと言われてしまいました。
探したところ、ストッカーの周りのケースはステンレスもありますが、肝心な砂糖や塩を入れておく蓋つきのものはプラスチックのような素材の物ばかりのようです。透明。スプーンもそうです。

料理をする際に火にきをつけるのはとても重要な事ですが、あまりに敏感なのも大変ですね。
posted by メープル at 18:09| Comment(0) | 日記

2017年04月22日

果物は加熱すると甘くなる

子供にはりんごをレンジでチンして食べさせています。

シャキシャキのりんごは赤ちゃんはまだ食べることが出来ません。
チンするとすごく甘くなってやわらかくなります。
アップルパイのりんごみたい。よく考えるとアップルパイのりんごだって加熱されて甘くなっているんですよね。

このアップル加熱は介護にも使えます。(おそらく)
祖父はもう生のシャキシャキりんごをのみ込むことはできませんが、加熱したリンゴなら小さく切れば食べることが出来ます。

果物は缶詰をよく食べています。
甘すぎる気もしますが、もう砂糖や果糖といったことを気にしている場合ではなく、栄養をどれだけとらせるかが重要になってきています。
posted by メープル at 10:21| Comment(0) | 食材